巻き爪の治し方は手術しかないの?手術することのメリットと巻き爪ロボを使った治し方

巻き爪の治し方は手術しかないの?手術することのメリット、デメリットをお伝えします! 巻き爪ロボを使った治し方もお伝え
MENU

巻き爪の治し方は手術しかないの?手術することのメリットと巻き爪ロボを使った治し方

巻き爪の治し方は手術しかないのでしょうか??手術することのメリットやデメリット

 

そのほかの方法として巻き爪ロボを使った治し方もお伝えします。

 

 

巻き爪を治すと言って真っ先に思い浮かぶのが、爪を全部摘出する、もしくは一部摘出するといった手術ではないでしょうか。手術の際には部分麻酔を用いますし、簡単な手術だといってもリスクは0ではありません。巻き爪の手術がうまくいくかどうかというのは、医師の腕次第というところもあります。

 

現在病院で行われているフェノール法という手術は、手術全体で見ても成功率は高い手術です。薬品を使って爪を切除するだけで済むので、手術自体は10〜15分で終わりますし、その後入院する必要も全くありません。仕事が終わった後に病院で手術を受ける人も大勢います。

 

しかし、いくらリスクの少ない治し方であるといっても、重要なのはアフターケアです。皮膚を保護していた爪を取ってしまうわけですから、アフターケアの方法次第ではそのほかのトラブルが起こってしまうこともあります。巻き爪の手術後のアフターケアが不十分だと、手術自体は成功したとしても完治までに時間がかかってしまったり、再び巻き爪になってしまうリスクがあるのです。手っ取り早く巻き爪を治したいというのであれば、手術をするという治し方はメリットが大きいでしょう。しかし、さまざまなリスクが伴うというデメリットも知っておくべきです。

 

また、巻き爪の治療方法は手術だけではありません。爪を残したまま、形を整える「矯正」も最近注目されている方法の1つ。矯正は、病因で行うことも出来ますし、市販の矯正グッズを使って自宅でケアすることも出来ます。本当に手術が必要なのか、それとも矯正で治るのかどうか、メリットデメリットを比較して冷静に判断しましょう。

 

 

巻き爪ロボを使う

手術が嫌な場合は、巻き爪ロボを使うのも一つの手です。
巻き爪ロボは手術のような痛みは一切なく、簡単に巻き爪が治せます。
価格も巻き爪ロボ単体で2万円ほどなので手術と変わりません。

 

手術が怖い方は巻き爪ロボを使ってみては??

このページの先頭へ